国内外ニュース

トランプ氏就任前に会談で合意 メキシコ大統領

 米大統領選でトランプ氏が勝利したことについて述べるメキシコのペニャニエト大統領=9日、メキシコ市(ロイター=共同)  米大統領選でトランプ氏が勝利したことについて述べるメキシコのペニャニエト大統領=9日、メキシコ市(ロイター=共同)
 【リオデジャネイロ共同】メキシコのペニャニエト大統領は9日、米大統領選に勝利したトランプ氏と電話会談し、祝意を伝えた上で、同氏の就任前に会談することで合意したと発表した。

 トランプ氏は選挙戦で、移民流入を防ぐため両国の国境に壁を築き、費用をメキシコに負担させる考えを表明。メキシコ人ら不法移民の国外追放も訴えてきたため、メキシコは経済的結び付きが強い米国との関係悪化に危機感を抱いている。

 ペニャニエト氏は「両国関係は新しい局面に入る」としながらも「両国は同盟国、仲間、隣人、友人」と強調。共通の課題を協議するため、双方のスタッフが接触を始めるとした。

(11月10日11時36分)

国際(11月10日)