国内外ニュース

賠償打ち切り撤回求めデモ、福島 原発事故で農業者ら

 東京電力の賠償打ち切り方針に抗議し、福島市で行われた農業者らのデモ行進=10日午前  東京電力の賠償打ち切り方針に抗議し、福島市で行われた農業者らのデモ行進=10日午前
 東京電力福島第1原発事故による農林業への一律賠償を2018年分で打ち切る方針が東電から示されたことを受け、農業者でつくる団体「福島県農民連」が10日、方針の撤回と賠償の継続を求め福島市でデモ行進した。

 デモには「怒」と書かれた鉢巻き姿の約100人の農業者らが、約70台の軽トラックやトラクターで参加。東電の担当者に方針撤回を求める要望書も手渡した。

 デモに先立ちあいさつした同団体の根本敬会長は「東電案はわれわれ農民をなめているとしか言いようがない。農業賠償という最後のとりでを失うことは、福島の復興に大きなダメージとなる」と述べ、連帯を訴えた。

(11月10日12時35分)

社会(11月10日)