国内外ニュース

テニスの石黒修氏が死去 戦後初のプロ、俳優の賢氏の父

 死去した石黒修氏  死去した石黒修氏
 テニスで戦後初の日本人プロ選手として知られる石黒修(いしぐろ・おさむ)氏が9日に死去したことが、10日分かった。80歳。長崎市出身。

 俳優の石黒賢氏の父としても知られる。慶大卒で1971年に戦後初めてプロ転向した。全日本選手権はシングルスとダブルスで各3度優勝。四大大会では65年の全豪オープンの男子ダブルスで渡辺康二氏と組んで8強入り。シングルスは全豪オープンとウィンブルドン選手権で3回戦、全仏オープン、全米オープンでは2回戦に進んだ。国別対抗戦のデ杯代表としてもプレーし65年には監督も務めた。72年に日本プロテニス協会を創設し、初代理事長に就任した。

(11月10日13時26分)

スポーツ(11月10日)