国内外ニュース

菅氏、TPP発効困難の見方否定 「12カ国首脳が確認」と強調

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、米大統領選で共和党のトランプ氏が勝利し、環太平洋連携協定(TPP)発効が難しくなったとの見方を否定した。「12カ国の首脳が早期発効を目指すと確認している。現職のオバマ大統領も、本年中の議会手続きに全力で取り組んでいる」と述べた。

 記者団から「TPP発効が困難になったのでは」と問われた菅氏は「全く考えていない」と強調。国内産業保護の姿勢を示すトランプ氏については「日米両首脳が懸案を話し合い、信頼関係を構築することが、世界の平和と安定、経済発展のために極めて重要だ」と語った。

(11月10日13時30分)

経済(11月10日)