国内外ニュース

来秋は吉本興業創業者がモデル NHK朝ドラ「わろてんか」

 来秋のNHK連続テレビ小説「わろてんか」の制作発表記者会見に出席した、脚本家の吉田智子さん(右)と後藤高久・制作統括=10日午後、大阪市  来秋のNHK連続テレビ小説「わろてんか」の制作発表記者会見に出席した、脚本家の吉田智子さん(右)と後藤高久・制作統括=10日午後、大阪市
 NHK大阪放送局は10日、吉本興業創業者の吉本せいさんをモデルにした連続テレビ小説「わろてんか」を、来年10月2日から放送すると発表した。

 ドラマは、京都の薬種問屋に生まれたヒロインの藤岡てんが、夫と一緒に寄席経営を始め、「笑いの都」大阪の礎を築いていく物語。

 脚本は、ドラマ「働きマン」などを手掛けてきた吉田智子さん。同局で記者会見し「笑いを日本中に広めた魂を大事に描いていきたい」と意気込みを語った。

 後藤高久・制作統括は「つらいこと悲しいことがあっても、笑えば何とか前を向いて歩いていけるのではないかと伝えたい」と話した。

(11月10日16時45分)

文化・芸能(11月10日)