国内外ニュース

国側「重大な違法性ない」、沖縄 ヘリパッド差し止め訴訟

 沖縄本島北部にある米軍北部訓練場で建設が進むヘリパッド=10月  沖縄本島北部にある米軍北部訓練場で建設が進むヘリパッド=10月
 沖縄県東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設に伴い、米軍機の騒音被害が拡大するとして、東村高江の住民らが工事差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、那覇地裁(森鍵一裁判長)で開かれ、被告の国側は「重大な違法性はない」として請求棄却を求めた。

 弁論では原告の自営業安次嶺雪音さん(45)が意見陳述し「住民の暮らしにどのような影響が出るかも調査せず、力ずくで工事を進めることはやめてほしい」と訴えた。

 北部訓練場では既に2カ所のヘリパッドが完成している。

(11月10日17時05分)

社会(11月10日)