国内外ニュース

入管すり抜け容疑者出国、関空 手配情報見落とし

 関西空港で9月下旬、警察が指名手配した外国人の男が、審査をすり抜けて海外へ出国したことが10日、大阪入国管理局への取材で分かった。出国審査の担当者が手配情報を見落とした人的ミスの可能性が高いという。

 警察が手配した容疑者の情報は入管側に通報され、出国審査時に旅券などから自動的に検知される仕組みになっている。

 大阪入国管理局によると、出国審査ブースの職員が容疑者の旅券を機械で読み取った際、パソコン画面に「手配中」との情報が表示。詳細な審査が必要だとして出国審査事務所に身柄を移した際、対応した別の職員が手配情報を見落とし通過させたとみられる。

(11月10日18時20分)

社会(11月10日)