国内外ニュース

東芝、ノートPC4万台超回収 電池から発火の恐れ

 東芝が自主回収するノートパソコンの代表機種  東芝が自主回収するノートパソコンの代表機種
 東芝は10日、国内で販売したノートパソコン45機種を自主回収してバッテリーを無償で交換すると発表した。バッテリーに不具合があり発火の恐れがあるため。対象は4万4791台になる。

 2013年7月から14年8月に製造した「ダイナブック」シリーズの製品で、パナソニック製のバッテリーを使用していた。海外でバッテリーから煙が出た事案を確認したという。

 パナソニック製のバッテリーを使用したパソコンでは、今年1月にも自主回収を発表していた。合計の回収台数は14万台余りとなった。

 問い合わせは専用のフリーダイヤル(0120)444842。

(11月10日18時44分)

経済(11月10日)