国内外ニュース

プロ転向の内村、故障欠場 12日開幕の全日本団体体操

 記者会見で欠場の理由を説明する内村航平=国立代々木競技場  記者会見で欠場の理由を説明する内村航平=国立代々木競技場
 体操の全日本団体選手権の開幕を2日後に控えた10日、会場の東京・国立代々木競技場で記者会見が開かれ、日本体操界初のプロ選手に転向する男子の内村航平は腰などの故障で欠場すると発表した。内村は今月末で退社するコナミスポーツの所属で最後の大会出場を目指してきたが「今はほとんど何もできていない状況」と明らかにした。

 27歳の内村は個人総合と団体総合の2冠に輝いたリオ五輪後に左肩と右足首も痛みが出たという。プロ転向についての質問が禁止される中で「迷惑を掛けて申し訳ないが、チームの一員として最後まで応援し、演技でなくサポートの部分で貢献できたらいい」と語った。

(11月10日18時44分)

スポーツ(11月10日)