国内外ニュース

73行が振り込み24時間化 大手や地銀、18年後半から

 全国銀行協会(全銀協)は10日、大手行や地方銀行の計73行で2018年後半から、原則として平日は24時間、他行向けに即時にお金が振り込めるようになると発表した。全銀協の決済システムに接続する銀行の約半数に当たる。

 現在は平日午後3時半以降に振り込み手続きをすると、他行の口座にお金が届くのは翌営業日になっていたが、当日中に着金するようになる。インターネット通販で商品を購入してから配送までの時間が短くなるなど、顧客の利便性が高まりそうだ。

 73行のうち17行は、保守や点検のために月曜の早朝はサービス対象外とする。

(11月10日19時05分)

経済(11月10日)