国内外ニュース

グーグルがスマホでEUに反論 独禁法問題で

 【ニューヨーク共同】欧州連合(EU)欧州委員会が、米IT大手グーグルの事業はEU競争法(日本の独占禁止法に相当)に違反すると警告した問題でグーグルは10日、スマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」事業について反論する文書を欧州委に提出したと発表した。

 OSと検索アプリなどをセットにしてスマホに搭載するようメーカーに要求したことをEU側が問題視したのに対し、グーグル側は、他社アプリを使うことを妨げてはいないなどと主張。

 アンドロイドは米アップルのスマホ向けOS「iOS」と競争関係にあり、支配的地位を乱用した事実はないとも論じた。

(11月11日9時51分)

経済(11月11日)