国内外ニュース

大震災の不明者求め沿岸捜索 岩手、宮城、福島3県で警察

 東日本大震災から5年8カ月、行方不明者やその手掛かりを求めて捜索する南三陸署員=11日午前、宮城県南三陸町  東日本大震災から5年8カ月、行方不明者やその手掛かりを求めて捜索する南三陸署員=11日午前、宮城県南三陸町
 東日本大震災の発生から5年8カ月となる11日、津波で大きな被害に遭った岩手、宮城、福島3県の沿岸で、行方不明者やその手掛かりを求めて警察が捜索活動をした。

 宮城県南三陸町の馬場漁港付近の海岸では、南三陸署の署員8人が熊手などを使って、がれきの隙間に遺骨や遺留品がないか調査。

 警察庁によると、3県の震災による行方不明者は、9月9日現在で計2553人に上る。

(11月11日10時29分)

社会(11月11日)