国内外ニュース

「独身の日」取引過去最高 日本企業、越境販売に商機

 11日の「独身の日」に行われた、アリババグループのネット通販取引額を実況中継する報道陣向けイベント=11日、中国広東省深セン市(共同)  11日の「独身の日」に行われた、アリババグループのネット通販取引額を実況中継する報道陣向けイベント=11日、中国広東省深セン市(共同)
 【深セン共同】中国で「独身の日」と呼ばれる11日、電子商取引最大手のアリババグループが傘下のネット通販サイトで毎年恒例の値引きセールを実施した。午前0時(日本時間午前1時)に始まり、取引額は1千億元(約1兆5600億円)を超え過去最高だった昨年の実績を上回った。中国経済は減速傾向だが、厚みを増した中間層の消費の旺盛さを見せつけた。

 アリババはネットを通じて外国製品を売買する越境通販に力を入れており、カルビーなど多数の日本企業も参加。越境通販は、中国で工場や販売網を整備することなく、中国人消費者に商品を売ることができるため有望な商機になっている。

(11月11日23時01分)

国際(11月11日)