国内外ニュース

首相、米にTPP承認促す 参院で法案審議入り

 TPP法案の審議が始まった参院本会議=11日午前  TPP法案の審議が始まった参院本会議=11日午前
 参院本会議は11日、今国会の焦点の環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案の趣旨説明と質疑を行い、審議入りした。安倍晋三首相は質疑で、各国に対し「早期に国内手続きの完了を働き掛ける」と述べ、脱退を掲げるトランプ氏の大統領就任が決まった米国にもTPP承認を促す考えを示した。首相は17日にニューヨークでトランプ氏と会談する予定で、TPPなどを巡る協議が焦点となる。

 野党からは発効が見通せない中、承認を急ぐ与党と政府の姿勢に批判が集中したが、安倍首相はTPP承認で各国の出方を受け身で待つのではなく「わが国が主導することで早期の発効機運を高めたい」と反論した。

(11月11日11時51分)

政治(11月11日)