国内外ニュース

東芝、5億円の売り上げ不正計上 子会社が注文書偽造

 東芝は11日、子会社が注文書などを偽造や流用し、2016年9月末までの累計で5億2千万円の売り上げを過大計上していたと発表した。9月中間決算で修正処理をし、不正を防止する取り組みをさらに強化すると説明しているが、新たな不正会計の発覚には批判が出そうだ。

 東芝によると、子会社はプラントのシステム整備などを手掛ける「東芝EIコントロールシステム」(福岡市)。担当の社員が03年以降、注文書や検収書を偽造し、実際の契約金額を上回る売り上げがあるように見せかけていた。

(11月11日12時55分)

経済(11月11日)