国内外ニュース

日航機揺れ、乗務員骨折 鹿児島発羽田行き、上昇中

 日航は11日、10日の鹿児島発羽田行き646便ボーイング767(乗客乗員129人)が離陸上昇中に揺れ、女性客室乗務員(49)が骨盤を折る重傷を負ったと明らかにした。

 国土交通省は11日、このトラブルを航空事故と認定、運輸安全委員会は調査官2人を羽田空港に派遣した。

 日航や国交省によると、機体は10日午後1時15分ごろ離陸し、約10分後に揺れた。ベルトサインが点灯していたが、客席にいた幼児が席を移動しかけたため、客室乗務員は注意しようとシートベルトを外して身を乗り出していた。

 当時、鹿児島空港付近の天候は悪かったという。機体は予定通り羽田に到着した。

(11月11日13時50分)

社会(11月11日)