国内外ニュース

J・フロント子会社に勧告 衣類3億円分、不当返品

 公正取引委員会は11日、下請け業者13社が製造した衣類計約3億3千万円分を不当に返品したとして、大手百貨店大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングの子会社で通信販売業「JFRオンライン」(大阪市中央区)に、下請法違反で再発防止を求める勧告をした。

 公取委によると、JFRオンラインは婦人服などの衣類のカタログ販売をしている。2014年6月~15年12月、近畿を中心とした衣類の製造業者13社に、季節の変化などで販売が難しくなった製品計約3億3300万円分を不当に返品した。

(11月11日15時31分)

社会(11月11日)