国内外ニュース

TPP、参院で審議入り トランプ氏対応巡り攻防

 TPP承認案と関連法案が審議入りした参院本会議=11日  TPP承認案と関連法案が審議入りした参院本会議=11日
 環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案が11日、参院本会議で審議入りした。TPPはトランプ氏の米大統領選勝利で発効そのものに暗雲が漂っているが、政府、与党は早期の承認を目指す姿勢を崩さず、協定の意義を強調した。民進党など野党は、政権に軌道修正を求めたが、政府は従来の主張を踏襲した答弁に終始し、論戦は平行線をたどった。

 共産党の紙智子氏は「審議を進める前提が崩れた」と指摘。次期政権の方針を見極めることが先決とも迫った。

 安倍首相は「わが国が協定承認し、自由で公正な貿易・投資ルールをけん引する意思を示せば保護主義のはびこりを食い止める力になる」と述べた。

(11月11日16時01分)

政治(11月11日)