国内外ニュース

明徳義塾と履正社8強 上武大も、明治神宮野球

 作新学院戦で完投勝利の明徳義塾・北本=神宮  作新学院戦で完投勝利の明徳義塾・北本=神宮
 第47回明治神宮野球大会は11日、神宮球場で開幕して1回戦の3試合が行われ、各地区秋季大会を制した10校が参加する高校の部は明徳義塾(四国)と履正社(近畿)が準々決勝に進んだ。11校で争う大学の部は雨天のため1試合のみ実施され、上武大(関東2)が8強入りした。

 明徳義塾は7―2で今夏の甲子園大会を制した作新学院(関東)に快勝した。四回は今井のソロ本塁打や集中打で5点を奪った。履正社は竹田が好投し、5―1で仙台育英(東北)を破った。上武大は富士大(東北)に1―0で勝った。12日は4試合が実施される。

(11月11日19時05分)

スポーツ(11月11日)