国内外ニュース

こんぴら歌舞伎に雀右衛門さんら 来春、仁左衛門さんも

 五代目中村雀右衛門さん  五代目中村雀右衛門さん
 香川県琴平町などは11日、同町で来年4月8~23日に開かれる第33回「四国こんぴら歌舞伎大芝居」に五代目中村雀右衛門さんや人間国宝の片岡仁左衛門さんが出演すると発表した。

 3月に襲名した中村芝雀改め雀右衛門さんの披露公演。女形の名跡雀右衛門さんのお家芸「芦屋道満大内鑑」や、香川県出身で江戸時代の発明家平賀源内が書いた「神霊矢口渡」など計6演目を2部構成で上演する。

 四国こんぴら歌舞伎大芝居は、現存する最古の芝居小屋「旧金毘羅大芝居」(金丸座)で1985年から毎年春に開かれている。

 問い合わせはこんぴら歌舞伎事務局、電話0877(75)6714。

(11月11日17時05分)

文化・芸能(11月11日)