国内外ニュース

青森で29年ぶりプロ野球 来年6月、地元は喜び

 来シーズンのプロ野球パ・リーグ公式戦の試合開催について記者会見する青森県弘前市の葛西憲之市長=11日午後、同市役所  来シーズンのプロ野球パ・リーグ公式戦の試合開催について記者会見する青森県弘前市の葛西憲之市長=11日午後、同市役所
 プロ野球パ・リーグ公式戦の来季日程が11日発表され、29年ぶりとなる青森県での開催試合が組み込まれた。来年6月28日、弘前市運動公園野球場で楽天―オリックスが行われる。同市の葛西憲之市長は「県民、市民が待ち望んだ。失われた29年を吹き飛ばすよう盛り上げたい」と喜びを語った。

 県内での最後の1軍公式戦は、1988年に青森市で行われた広島―ヤクルト。その後は観客席数の多い球場がないなどの理由で、青森開催は見送られていた。弘前市は照明設備の増強や、人工芝への張り替えといった球場の改築を進め、熱心に招致活動をしていた。

(11月11日17時16分)

プロ野球(11月11日)