国内外ニュース

中旬以降、紅葉鮮やか 気象情報会社が見頃予想

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は12日までに、紅葉の見頃予想を発表した。日照不足などの影響で色づきがいまひとつだった9~10月に比べて、11月中旬以降は鮮やかな紅葉が期待できるという。

 気象庁や同社によると、列島上空で偏西風が南に蛇行し、寒気が日本付近に流れ込んでぐっと気温が低下。さらに11月中旬以降は葉の色づきに必要な適度な日差しや降水も見込めるという。

 既に東北南部から東日本の山沿いはピークを迎え、東日本では標高の高い山から低い山へ見頃のエリアが移った。高尾山(東京都)は既に見頃を迎え、嵐山(京都市)は19日ごろから。

(11月12日5時51分)

暮らし・話題(11月12日)