国内外ニュース

中国ネット商戦1・9兆円 越境通販、日本がトップ

 イベントで大型スクリーンに映し出された、11日のアリババグループのネット通販取引総額=12日、中国広東省深セン市(共同)  イベントで大型スクリーンに映し出された、11日のアリババグループのネット通販取引総額=12日、中国広東省深セン市(共同)
 【深セン共同】中国のネット通販最大手アリババグループは12日、「独身の日」と呼ばれる11日に傘下のインターネット通販サイトで実施した値引きセールの取引総額が前年比32%増の約1207億元(約1兆8900億円)に上り、過去最高を記録したと発表した。

 ネット経由で海外から商品を購入する越境通販部門で日本が首位と昨年の2位から浮上し、昨年首位だった米国は2位に転落。商品別でみると、紙おむつの販売が好調で、花王の「メリーズ」の人気が高かったほか、粉ミルクや化粧品などの売れ行きも良かった。

(11月12日10時05分)

経済(11月12日)