国内外ニュース

カーリング、SC軽井沢クが初V PA選手権

 表彰式でトロフィーを掲げるSC軽井沢クのメンバー=義城(共同)  表彰式でトロフィーを掲げるSC軽井沢クのメンバー=義城(共同)
【義城(韓国)共同】カーリングの世界選手権出場を懸けたパシフィック・アジア選手権は12日、韓国の義城で行われ、日本男子代表のSC軽井沢クは決勝で中国を5―3で破り優勝を決めた。チームとしては初、日本男子では15年ぶりの制覇となった。

 女子のLS北見は3位決定戦でニュージーランドに10―3で大勝。決勝は韓国が5―3で中国を下した。

 来年4月にカナダで開催される男子の世界選手権は日本と中国、3月実施の女子は開催国の中国と韓国が出場する。

(11月12日17時30分)

国際大会(11月12日)