国内外ニュース

女性への暴力根絶へキャンペーン 各地のツリー、紫に輝く

 「女性に対する暴力をなくす運動」で、シンボルカラーの紫色にライトアップされた(左から)さっぽろテレビ塔、東京スカイツリー、神戸ポートタワー=12日夜  「女性に対する暴力をなくす運動」で、シンボルカラーの紫色にライトアップされた(左から)さっぽろテレビ塔、東京スカイツリー、神戸ポートタワー=12日夜
 性犯罪やドメスティックバイオレンス(DV)、ストーカーなどの「女性に対する暴力をなくす運動」のキャンペーンが12日に始まり、東京スカイツリー(東京都墨田区)をはじめ、各地の施設がシンボルカラーの紫色にライトアップされた。

 この運動は、内閣府が25日の女性に対する暴力撤廃国際日までの間、2週間実施している。取り組みのシンボル「パープルリボン」にちなみ、被害者に「1人で悩まず、相談してほしい」とのメッセージも込めている。

 今年は37都道府県の79カ所で企画。宮城、群馬、埼玉、岐阜、奈良、香川、徳島、福岡、沖縄各県の施設が初めて加わった。

(11月12日18時31分)

暮らし・話題(11月12日)