国内外ニュース

豊洲市場の水銀は地下水が気化 専門家会議判断

 豊洲市場の土壌汚染対策を検討する有識者の「専門家会議」で、質問する市場関係者(右端)=12日午後、東京都中央区の築地市場  豊洲市場の土壌汚染対策を検討する有識者の「専門家会議」で、質問する市場関係者(右端)=12日午後、東京都中央区の築地市場
 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、土壌汚染対策を検討する有識者の「専門家会議」は12日、地下空間の大気から水銀が検出されたのは、たまり水が気化したのが原因である可能性が高いと判断した。

 この日、専門家会議の再設置後、2回目となる会合が築地市場内で開かれ、都側から、たまり水に水銀が含まれていたことが示された。座長を務める平田健正放送大和歌山学習センター所長らは、地下空間が密閉されているため大気中の水銀の数値が高くなったとし、換気を実施する方針を確認した。

(11月12日19時11分)

社会(11月12日)