国内外ニュース

上原彩に異例の「68罰打」 伊藤園ゴルフ第1Rで

 第2日、9番でティーショットを放つ上原彩子。第1ラウンドの「68罰打」がたたり、通算65オーバーで予選落ちした=グレートアイランドC  第2日、9番でティーショットを放つ上原彩子。第1ラウンドの「68罰打」がたたり、通算65オーバーで予選落ちした=グレートアイランドC
 11日から千葉県のグレートアイランドCで行われているゴルフの伊藤園レディース第1ラウンドで、上原彩子が異例の「68罰打」を受けた。スコアは18ホールの日本女子ツアー史上最多を32打も超える141となった。

 「芝を短く刈ってある区域では球を拾い上げてふき、リプレースできる」とのローカルルールが適用されていたが、上原は球を元の場所から1クラブの長さ以内の場所にプレースできると誤解。15ホールで計19度、誤った場所からプレーした。これにより、加算された罰打は1度の違反につき2打、スコア誤記したホールにつき2打で計68。

(11月12日20時16分)

ゴルフ(11月12日)