国内外ニュース

慰霊碑の碑文、年度内取りまとめ JR西、脱線事故遺族に説明

 説明会終了後に記者会見する、JR西日本の来島達夫社長=12日午後、兵庫県伊丹市  説明会終了後に記者会見する、JR西日本の来島達夫社長=12日午後、兵庫県伊丹市
 JR西日本は12日午後、2005年に起きた尼崎JR脱線事故の遺族に対する説明会を兵庫県伊丹市のホテルで開き、事故現場につくる慰霊碑の碑文や犠牲者の氏名を記す「名碑」の内容について、本年度中に取りまとめる方針を伝えた。

 現場一帯の整備は18年夏ごろに終える予定。事故で次男=当時(18)=を失った上田弘志さん(62)は説明会後、取材に対し「完成時期にこだわるあまり、納得がいかないものになってしまっては、お参りに行っても落ち着かない」と話した。

 JR西は名碑に氏名を「刻む」「名碑の内部に納める石板に刻む」「刻まない」から選べるようにすることなどを提案した。

(11月12日21時15分)

社会(11月12日)