国内外ニュース

野球日本代表がサヨナラ勝ち 強化試合、オランダ第1戦

 オランダ戦の5回、大谷が右中間に本塁打を放つ=東京ドーム  オランダ戦の5回、大谷が右中間に本塁打を放つ=東京ドーム  オランダ戦の10回、タイブレークで右前にサヨナラ打を放つ大野=東京ドーム  オランダ戦の10回、タイブレークで右前にサヨナラ打を放つ大野=東京ドーム
 来年3月に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を控える野球日本代表は12日、東京ドームでオランダとの強化試合第1戦を行い、延長十回、タイブレークで1点を奪い9―8でサヨナラ勝ちした。メキシコ戦から通算で2勝1敗とした。

 日本は大谷(日本ハム)の国際試合初本塁打などで7―5としながら九回に大瀬良(広島)が3失点。その裏に2失策に乗じて追い付いて、無死一、二塁から始めるタイブレークの延長戦に持ち込み、十回1死満塁で大野(日本ハム)が右前打を放って試合を決めた。

 日本は13日にもオランダと対戦する。

(11月12日22時46分)

プロ野球(11月12日)