国内外ニュース

バドミントン、松山・保原組決勝へ 世界ジュニア選手権

 バドミントンの世界ジュニア選手権が12日、スペインのビルバオで行われ、女子はダブルス準決勝で松山奈未(福岡・九州国際大付高)保原彩夏(宮城・聖ウルスラ学院英智高)組がインドネシアのペアを2―0で下し、決勝に進出した。シングルス準決勝では大家夏稀(石川・金沢向陽高)がタイ選手に0―2で敗れた。(共同)

(11月13日5時55分)

スポーツ(11月13日)