国内外ニュース

兵庫、巨大津波想定し大規模訓練 南海トラフ、住民が高台に

 南海トラフ巨大地震の津波を想定した訓練で、ペットを連れて高台の避難場所へ向かう人たち=13日午前、兵庫県南あわじ市  南海トラフ巨大地震の津波を想定した訓練で、ペットを連れて高台の避難場所へ向かう人たち=13日午前、兵庫県南あわじ市
 兵庫県と県内の15市町は13日、マグニチュード(M)9・0、最大震度7の南海トラフ巨大地震が起き、淡路島などで津波による浸水が発生したとの想定で、住民参加の大規模訓練を実施した。

 最高8・1メートルの津波が想定される南あわじ市福良地区で午前9時ごろ、緊急地震速報と「ただちに高台に避難してください」との大津波警報がアナウンスされると、海抜12メートルの小学校を目指し、お年寄りや子どもらが避難した。ペットと共に避難する訓練もあった。

 自営業真野陽子さん(68)は「実際に地震が起きても行動できるか分からない。きちんと動くために訓練は必要」と話した。

(11月13日12時05分)

社会(11月13日)