国内外ニュース

金正恩氏、南北境界の島また視察 延坪島砲撃から6年を前に

 【北京共同】朝鮮中央通信は13日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が黄海の南北境界線に近接するカルリ島の前哨基地と長在島の防御隊を視察したと報じた。日時は不明。金氏は11日にも境界線に近い島の防御隊を視察したことが報じられていた。

 カルリ島は2010年に北朝鮮軍に砲撃された韓国・延坪島から約4キロ北に位置。金氏の視察は、延坪島砲撃から今月23日で6年となるのを前に、黄海の最前線部隊の引き締めを図る狙いがあるとみられる。

 カルリ島の前哨基地は金氏の指示により新たに設置されたという。

(11月13日12時41分)

国際(11月13日)