国内外ニュース

間垣親方が悪性リンパ腫で休場 九州場所初日に診断書提出

 大相撲の間垣親方(37)=元小結時天空、本名時天空慶晃、モンゴル出身、時津風部屋=が九州場所初日の13日、日本相撲協会に「悪性リンパ腫に対する放射線治療のために少なくとも2カ月の通院加療ならびに自宅療養を要する」との診断書を提出して休場した。

 間垣親方は現役だった昨秋に病気が判明し、今年8月に引退した。治療が一段落した9月の秋場所では花道の警備などを務めた。時津風親方(元幕内時津海)は「ちょっとまだ治療が必要ということで、通院している。しばらくはそうなると思う」と話した。

(11月13日15時30分)

相撲(11月13日)