国内外ニュース

公道で自動運転バス実験、全国初 秋田・仙北市

 実証実験で公道を走行する自動運転バス=13日、秋田県仙北市  実証実験で公道を走行する自動運転バス=13日、秋田県仙北市
 内閣府は13日、人が乗った自動運転のバスを県道で走らせる実証実験を秋田県仙北市で実施した。フランスのメーカーが開発したハンドルなどの運転装置がない車両で、公道での実験は国内で初めて。関係者によると、ハンドルなどがないタイプの車両が公道を走ったのも全国初とみられる。

 実験は自動運転の課題や需要の調査を目的に、田沢湖沿いの県道を封鎖して実施。片道約400メートルのコースを4往復し、関係者や公募で選ばれた市民ら約60人が試乗した。

 使用したバス(定員12人)は運転席やハンドル、アクセルがなく、衛星利用測位システムやセンサーで走行位置や周囲の環境を把握する。

(11月13日17時31分)

暮らし・話題(11月13日)