国内外ニュース

新生チーム花園切符つかめず 伏見工・京都工学院高

 全国高校ラグビー大会の京都代表決定戦に敗れ、引き揚げる伏見工・京都工学院の選手たち。右端は高崎利明ゼネラルマネジャー=13日午後、京都市宝が池球技場  全国高校ラグビー大会の京都代表決定戦に敗れ、引き揚げる伏見工・京都工学院の選手たち。右端は高崎利明ゼネラルマネジャー=13日午後、京都市宝が池球技場
 全国高校ラグビー大会(12月27日開幕・東大阪市花園ラグビー場)の京都代表決定戦が13日、京都市宝が池球技場で行われ、伏見工・京都工学院は京都成章に17―20で敗れ、花園切符を逃した。

 伏見工・京都工学院は、4度の優勝を誇る伏見工の新生チーム。学校統合のため、2、3年生部員は伏見工、1年生部員は新設校の京都工学院の生徒で構成されている。

 序盤から一進一退の攻防が続き、後半15分に京都成章に勝ち越しトライを許した。さらにPGで突き放され、ロスタイムにトライを返したものの、及ばなかった。

(11月13日18時31分)

スポーツ(11月13日)