国内外ニュース

男子フルーレで日本4位 フェンシング高円宮牌W杯

 男子フルーレ団体の準々決勝で、フランスを破り喜ぶ(右から)敷根、松山、西藤ら日本チーム=駒沢体育館  男子フルーレ団体の準々決勝で、フランスを破り喜ぶ(右から)敷根、松山、西藤ら日本チーム=駒沢体育館
 フェンシングの高円宮牌ワールドカップ(W杯)最終日は13日、東京・駒沢体育館で男子フルーレ団体が行われ、松山恭助(早大)敷根崇裕、西藤俊哉(ともに法大)鈴村健太(岐阜・大垣南高)で臨んだ日本は4位だった。

 日本は1回戦でオーストラリアを45―28で下し、準々決勝は世界ランキング3位のフランスを45―44で破った。しかし準決勝でリオデジャネイロ五輪優勝のロシアに29―45で屈し、3位決定戦もイタリアに29―45で敗れた。ロシアが決勝で米国を下して優勝した。

(11月13日19時26分)

スポーツ(11月13日)