国内外ニュース

海の温暖化被害、年5兆円 酸性化や水面の上昇で

 水没の危機にある太平洋の島国ツバルで、海水で浸水した集落を歩く少女=2014年1月(共同)  水没の危機にある太平洋の島国ツバルで、海水で浸水した集落を歩く少女=2014年1月(共同)
 【マラケシュ(モロッコ)共同】地球温暖化に伴って起きる海洋酸性化や海面上昇などによって、世界経済は年間500億ドル(約5兆3千億円)を超える大きな打撃を受ける恐れがあるとの報告書を日米、欧州などの国際専門家グループが、モロッコで開催中の気候変動枠組み条約第22回締約国会議(COP22)で14日までに発表した。

 各国政府に海の生態系保全の観点から積極的な温暖化対策を求めている。

 報告書によると、二酸化炭素(CO2)が海水に溶け込むことで起こる海洋酸性化は過去3億年の中で最も速いペースで進んでおり、動物プランクトンやサンゴなどの生息に悪影響が出ると懸念。

(11月14日5時41分)

科学・環境(11月14日)