国内外ニュース

東京円急落、一時107円台 5カ月ぶり水準

 週明け14日午前の東京外国為替市場は、米大統領選で勝利したトランプ氏が掲げる経済対策への期待感などを背景に円が対ドルで急落した。円相場は一時、1ドル=107円台半ばと、6月上旬以来、約5カ月ぶりの円安ドル高水準をつけた。

 午前10時半現在は、前週末比73銭円安ドル高の1ドル=107円42~43銭。ユーロは49銭円高ユーロ安の1ユーロ=115円86~87銭。

 トランプ氏が打ち出す景気刺激策への期待から米株式市場が上昇していることを背景に、円安ドル高が進んだ。

(11月14日11時01分)

経済(11月14日)