国内外ニュース

過労運転指示で有罪判決 2人死亡の山陽道事故

 広島県東広島市の山陽自動車道のトンネルで3月、トラックが渋滞の列に突っ込み2人が死亡した事故で、運転手に過労運転をさせたとして、道交法違反(過労運転下命)などの罪に問われた埼玉県川口市の運送会社「ツカサ運輸」の役員後藤隆司被告(42)=同市=に、広島地裁(丹羽芳徳裁判長)は14日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 法人としての同社は求刑通り罰金50万円とした。

 丹羽裁判長は判決理由で、後藤被告が会社の実績づくりなどのために過労運転を指示したと指摘。「法を無視した身勝手な動機に基づき悪質だ」と述べた。

(11月14日11時36分)

社会(11月14日)