国内外ニュース

マニラ邦人殺害で無期懲役 共犯の兄、京都地裁

 フィリピンのマニラで2010年、京都市伏見区の教材販売会社社員松谷祐一郎さん=当時(35)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた無職新井茂夫被告(58)の裁判員裁判で、京都地裁(中川綾子裁判長)は14日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決理由で中川裁判長は「実行犯という重要で不可欠な役割を果たし、主導的に関与した」と指摘し、「計画性が高く、極めて悪質」と述べた。

 判決によると、弟の正吾被告(46)=殺人罪などで上告中=と共謀し、保険金1億円をだまし取る目的で10年11月24日夜、マニラ市の路上で松谷さんの頭などを拳銃で撃って殺害するなどした。

(11月14日14時05分)

社会(11月14日)