国内外ニュース

首相、米軍駐留は双方に利益 経費負担は「適正」

 安倍晋三首相は14日の参院環太平洋連携協定(TPP)特別委員会で、トランプ次期米大統領が選挙戦中に在日米軍駐留経費の負担増を求める発言を繰り返していたことに関し、現状の負担が適正だとの認識を示した。「日米とも駐留米軍が果たす役割によって利益を得ていると考えるべきだ」と述べた。

 在日米軍について「日本のみを守るのではなく、アジア太平洋地域全体の平和と安全を守る上で重要な役割を果たしていて、米国の前方展開戦略の要だ。米国のさまざまな権益を守ることにつながっている」と指摘。「駐留経費も日米間で適切な分担が図られるべきだと考えている」と語った。

(11月14日15時00分)

政治(11月14日)