国内外ニュース

くい打ち機倒れ男性けが、東京 中野の工事現場

 14日午後1時10分ごろ、東京都中野区中央の工事現場で「クレーン車が倒れて下敷きになっている人がいる」と110番があった。警視庁中野署員が駆け付けると、くい打ち機が倒れており、40代の男性作業員の足が挟まれていた。意識はあり重傷とみられる。

 中野署によると、この日は午前8時から男性を含めた作業員3人がくい打ち機で穴を掘り、セメントを流し込む作業をしていた。男性はくい打ち機を操作するため、そばで作業していたといい、同署が詳しい原因を調べている。

 現場は東京メトロ新中野駅から北に約400メートルの住宅街。

(11月14日16時45分)

社会(11月14日)