国内外ニュース

出光、昭和シェル株取得を再延期 公取委審査長引き

 出光興産は14日、合併を目指す昭和シェル石油の株式を英オランダのロイヤル・ダッチ・シェルから取得する時期について「10~11月」から「12月~来年1月」に再延期すると発表した。公正取引委員会の審査が想定より長引いているため。

 取得時期の延期は6月、9月に続き3回目。当初は今年前半を予定していた。出光は、創業家が昭和シェルとの合併に反対していることから、来年4月の予定だった合併時期も、今年10月に延期して「未定」とした。

 出光はダッチ・シェルから昭和シェル株を33・3%取得する計画で、広報担当者は14日、記者団に「計画通り取得する」と話した。

(11月14日16時10分)

経済(11月14日)