国内外ニュース

泊原発30キロ圏も避難訓練 北海道、過酷事故を想定

 北海道電力泊原発の事故を想定した訓練で、放射性物質の付着検査を受ける避難住民ら=14日午後、北海道余市町  北海道電力泊原発の事故を想定した訓練で、放射性物質の付着検査を受ける避難住民ら=14日午後、北海道余市町
 北海道電力泊原発(北海道泊村)の過酷事故を想定し、13日から実施された国の原子力総合防災訓練は14日午後、放射性物質が外部に放出され、半径30キロ圏内の古平町などで空間線量が基準を超えたとして、住民が域外に避難する手順を確認し、終了した。

 古平町から大型バスで小樽市へ避難した住民は、途中の余市町にある道の駅で、放射性物質の付着検査と簡易除染を受けた。

 余市町のニッカウヰスキー余市蒸溜所では、外国人観光客を避難誘導する訓練を初めて実施。視察した北海道の高橋はるみ知事は「外国人観光客には言葉の問題がある。さまざまな状況を念頭に継続的な訓練をしたい」と述べた。

(11月14日16時16分)

科学・環境(11月14日)