国内外ニュース

奄美・琉球の世界遺産登録に懸念 中国、尖閣に絡め

 【北京共同】日本が世界自然遺産として2018年に「奄美・琉球」(鹿児島、沖縄)の登録を目指していることに対し、中国が外交ルートで懸念を伝えてきていることが14日、分かった。中国は、自国領だと主張する沖縄県・尖閣諸島が対象に含まれる可能性があると指摘している。複数の日中関係筋が明らかにした。

 日本は鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄本島北部と西表島の4カ所に候補地を絞り込んでおり、尖閣は対象外。予定通り来年2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録のための推薦書を提出する方針だ。

(11月14日16時24分)

国際(11月14日)