国内外ニュース

博多陥没現場、15日復旧 通行再開へ舗装作業

 埋め戻した陥没部分の路面舗装に向けた作業が進む、JR博多駅前の道路大規模陥没事故現場=14日午後5時50分  埋め戻した陥没部分の路面舗装に向けた作業が進む、JR博多駅前の道路大規模陥没事故現場=14日午後5時50分
 JR博多駅前の道路大規模陥没事故で、福岡市は14日、埋め戻した陥没部分の路面舗装に向けた作業を本格化させた。市によると、通行再開の予定は15日午前4~5時。これに伴い、ビル3棟に出していた避難勧告も解除され、8日の事故発生から1週間での復旧となる。

 13日夜は、現場で最後まで続いていた下水管の接合作業が終わり、ライフラインは全て復旧。陥没部分は地表近くまで埋め戻された。市は14日、地盤の強度を確認する試験を行うとともに、専門家らを集めた会議を開催。「安全性に問題はない」との見解を得て舗装に向け路面を固める作業を進めた。

(11月14日18時54分)

社会(11月14日)