国内外ニュース

日韓、軍事機密協定で実質合意 11月中の署名目指す

 日韓両政府は14日、安全保障分野の機密情報共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結に向けた外務・防衛当局の課長級協議を東京都内で開き、協定の内容で実質合意した。実務者で仮署名も行った。双方の国内手続きを経て11月中の正式署名を目指す。親友による国政介入疑惑に揺れる朴槿恵政権が、歴史的経緯から日本との情報共有に慎重な野党や世論の反発を抑えられるかが焦点になる。

 韓国の最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表は14日、韓国政府が仮署名すれば「韓民求国防相の解任か弾劾を求める」と述べた。同党を含む野党3党は締結に強く反対している。

(11月14日20時40分)

政治(11月14日)