国内外ニュース

非正規雇用、世界で拡大 ILO発表、各国に対策求める

 【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は14日、世界的に拡大している非正規雇用に関する初の包括的な報告書を発表した。最近数十年間で「正規雇用から非正規雇用への明らかな転換」が起き、企業、労働市場や社会全体に変革を迫っていると強調した。正規労働者との賃金格差があるほか、正規雇用への転換が容易ではなく、失業への不安も大きいとの問題点を指摘。各国に対策の充実を求めた。

 ILOは非正規雇用を「(季節労働など)一時雇い」「パートタイム雇用」「派遣労働」「偽装請負」に大別し、それぞれの状況をまとめた。

(11月14日22時46分)

経済(11月14日)