国内外ニュース

事故原発を封印する覆いが完成 チェルノブイリに移動開始

 チェルノブイリ原発の4号機を覆う予定の鋼鉄製シェルター(欧州復興開発銀行提供・共同)  チェルノブイリ原発の4号機を覆う予定の鋼鉄製シェルター(欧州復興開発銀行提供・共同)
 【モスクワ共同】欧州復興開発銀行(EBRD)は14日、30年前に事故を起こしたウクライナのチェルノブイリ原発4号機を密閉する重さ3万6200トンの巨大な鋼鉄製シェルターが完成し、移動作業を開始したと発表した。数日中に移動を終える見通しで、耐用年数は100年。EBRDは、同事故対策が「大きな節目」を迎えたとしている。

 EBRDによると、シェルターは高さ110メートル、長さ165メートルのかまぼこ状で、移動式の地上建造物としては史上最大。高い放射線量を減らそうと、4号機の327メートル隣で2012年に建造が始まった。総工費は約15億ユーロ(約1742億円)。

(11月14日23時50分)

科学・環境(11月14日)