国内外ニュース

上越新幹線、男性はねる 運転約2時間見合わせ

 14日午後9時45分ごろ、埼玉県本庄市の上越新幹線本庄早稲田駅構内で、新幹線が通過する際、20~40代ぐらいの男性をはねた。男性は死亡。事故の影響で上越新幹線の全線と、北陸新幹線の東京―長野の上下線が最大約2時間運転を見合わせた。事故を起こした新幹線とは別の1本が運休した。約4100人に影響した。

 埼玉県警本庄署によると、男性は通過専用の線路上にいた。自殺を図ったとみて身元の確認を急いでいる。

 JR東日本によると、本庄早稲田駅を通過していた新潟発東京行きMaxとき・Maxたにがわ348号の運転士が異常音に気づいて緊急停止したという。

(11月15日1時10分)

社会(11月15日)